お風呂deオキシ漬け〜浴槽・風呂釜編

〜浴槽・風呂釜編 掃除

みなさんこんにちは。

今日はお風呂deオキシ漬けについて紹介します。

いろいろ試してみて、自分の中で落ち着いた方法です。

シンプルにやり方だけ説明しますね。

必要なところだけサクッとみていただき、

オキシ漬けでレッツ家事楽!

皆さまもお試し下さい。

オキシクリーンについて

オキシクリーンは、酸素系漂白剤です。衣類のシミや汚れを落とし、消臭までしてくれます。家中のお掃除だってできちゃうお方なのです。

主は、お洋服にはハイター的に使用し、お掃除するときはマルチな洗剤として使用しています。見えるところのお掃除だけでなく、風呂釜や洗濯槽といった見えない部分まですっきりきれいにしてくれる。家事楽を目指すずぼら主婦には強い味方です。だって、これ一つで洗濯からお風呂掃除、トイレ掃除、キッチン掃除、カーペット、ソファーなどなど洗えないもののお手入れまでできちゃうんですから!

今回は、オキシクリーンを使ったお風呂掃除について紹介しようと思います。

 ※オキシ漬けするときは必ずゴム手袋などをして直接触らないようにしましょう!
※オキシクリーンはかならずお湯で溶かして使いましょう! 

浴槽・風呂釜をオキシ漬けする方法

 1.浴槽にお湯をはってオキシクリーンを入れる

お湯80ℓに対して、スプーンのライン4×5杯のオキシクリーンを入れます。

f:id:occotonusi:20190212213441j:image

【ポイント】

我が家では残り湯をつかっています。

ふろ釜の穴から5センチほど上までお湯を残し、だいたいスプーン8-10杯ほどのオキシを入れています(適当ですみません!でも大丈夫!)。

オキシを入れる際は、別容器でお湯に溶かしてから入れてください。

主はいつもオキシ漬けする洗面器に少量ずつとかして入れています。

2.追い炊きをする(10分)

f:id:occotonusi:20190212213537j:image

【ポイント】

追い炊きすることで、風呂釜の中もオキシ漬け。

3.つけおきしたいものを入れる

f:id:occotonusi:20190212213606j:image

【ポイント】

お風呂の椅子や洗面器、棚などを取り外して湯船につけます。

4.20分以上放置

f:id:occotonusi:20190212213629j:image

【ポイント】

この間にゆっくりするもよし、洗面所などついてにお掃除するもよし。

5.軽くこすりあらい

f:id:occotonusi:20190212213716j:image

f:id:occotonusi:20190212213729j:image

【ポイント】

お風呂の椅子など汚れが付きやすいものも軽くこするだけで、すっきりきれいになります。風呂釜のフィルターも歯ブラシなどでささっとお掃除することもお忘れなく!

この時、主はお風呂の壁や鏡などもオキシ液をつけたスポンジで洗っています。

f:id:occotonusi:20190212213824j:image

実は、上の写真の椅子裏はオキシ漬けする前です。1か月に1回のオキシ漬けでも、このきれいさが保てます。

6.お湯を再度ためて洗い流す

f:id:occotonusi:20190212213915j:image

【ポイント】

追い炊きしたことにより、風呂釜の中もオキシ漬けした状態になっているので、再度お湯をためてすすぎます。お風呂の壁や天井はシャワーを使って流しましょう。

この時、湯船にためたお湯を捨ててしまうのはもったいないので、主はお風呂マットやキッチンマットのお洗濯に再利用しています^^

7.仕上げはスクイージー

f:id:occotonusi:20190212214115j:image

【ポイント】

最後はいうまでもなく、スクイージーでお風呂中の水滴をおとします!

主はスクイージーを毎日使うことをオススメしています。

お風呂の床編

1.ビニール袋に水をいれ、排水溝にふたをする

f:id:occotonusi:20190212214425j:image

【ポイント】

ビニール袋を排水溝にセットし、ゆっくり水を注ぎます。排水溝に残っていた水が、ビニールの中の水に押されて流れていき、すっぽりと排水溝にビニールとその中の水がはまって栓をしてくれます。しっかり栓ができるくらい水を入れたら、できるだけ空気を抜いてビニール袋を結びます。空気が入っていると、床にお湯を張った際、浮いてしまうことがあります。クリップなどを使うとやりやすいですよ。

100均のシリコン蓋を使ってもOKです。ビニール袋はわざわざ購入しなくても代替の排水溝で使える技なので、お家にあるもので今すぐできますよ!

2.オキシクリーンを床に撒いてシャワーをかける

主はスプーン2杯くらい撒いています。

f:id:occotonusi:20190212214544j:image

【ポイント】

床に撒いたオキシクリーンをか混ぜるようにシャワーをかけます。もこもこ泡だててOK!溶けきらなくても、後で床を磨く時にツブツブが効いてきます。気を付けないと脱衣所まで水びだしになるので、バスマットや洗濯前のタオルなど敷いておくことをお勧めします。

3.20分以上放置

f:id:occotonusi:20190212215238j:image

【ポイント】

この間に一休みするもよし。他を掃除するもよし。ほったらかし!私は2時間くらいほったらかしています。小さいお子さんがいるご家庭は、目を離したすきにお子さんがお風呂に侵入してしまうことがあると思うので、十分注意してください。

4.軽くこすってシャワーで流す

f:id:occotonusi:20190212215406j:image

【ポイント】

汚れが気になるところはスポンジなどで磨きます。ドアの隙間など、埃がたまって固まったような汚れがオキシクリーンの酵素パワーでごっそりはがれていたりするので、隅の方もまんべんなくシャワーで洗い流し、隙間をみがいてみてください。気持ちいいくらい汚れが出てきます。

オキシ漬けできれいなお風呂を保ちましょう

ごっそりと気持ちいいくらい汚れを落としてくれるオキシクリーン。

主は浴槽と床をいっぺんにオキシ漬けしています。

その場合は浴槽編4までしたら、床にとりかかり、放置→床を仕上げてから浴槽を仕上げるという手順で行うとスムーズです。

普段のお掃除+α、お風呂DEオキシ漬けをして、お風呂をきれいに保ちましょう!

コメント

  1. Blueshark3270 より:

    これは勉強になります。塩素よりこちらの方が効きそうで、安価そうですね。今度やってみます。

  2. occotonusi より:

    Blueshark3270さん
    コメントといつも⭐️ありがとうございます!!
    ぜひやってみてください。とっても便利です^_^追い追いそのほかのやり方もあげていきます!