中古で住宅を売る時に発生する仲介手数料は値引きできるのか?〜マンションを売りに出した経験から

お家のとも

皆さんこんにちは。おっこと主です。

今回は住宅売却時のお話です。

中古で住宅を売る時に発生する仲介手数料。これって値切れるの?節約できるの?

マンションを売った経験をもとにこの疑問にお答えします。

結論:仲介手数料は値切れるか

先に結論を言います。

値切れます

値切れました。

ただし、それにはちょっとしたコツがありますので、それを書いていきます。

マンション仲介手数料とは

仲介手数料とは、中古住宅の売買において、売主と買主の間に不動産会社が介在した場合に発生する手数料のことです。

この額は売買契約が400万円以上の場合、3.24%以内の金額と法律で決まっており、

多くの不動産会社がその上限ギリギリの

売買価格×3%+6万円+消費税

を仲介手数料として設定しています。

物件価格が4000万円なら136万円…

結構な額ですね。

家具家電が新調できちゃいます。

この額は、上限以下であれば不動産会社が自由に決められるので、別にゼロでも良いわけです。

そして、仲介手数料ゼロを謳っている不動産会社もあります。

仲介手数料ゼロ円の不動産会社とその仕組み

最近よく見かける「仲介手数料ゼロ」の不動産会社。

ゼロといっても、彼らも商売です。

じゃあ一体、どうやって儲けを得ているのか。

不動産会社は、仲介する際に売主と買主の両方から仲介手数料をもらいます。

つまり物件価格の6%が入るわけです。

そこで、どちらか一方からしっかりもらうから、もう一方ははゼロにしますよー。

ができるわけです。

これが仲介手数料ゼロの仕組みです。

不動産会社や物件によって、ゼロになるか、50%になるか、それはわからないので、気になる方は見積もりを取ることをおすすめします。

 

 

仲介手数料を値切るコツ

全ての不動産会社がゼロ円を謳っているわけではありません。

何故、仲介手数料が高くても、その不動産会社と契約をするのか。

それは、ゼロ円の存在を知らないか、その不動産会社の営業力や実績ではないかと思います。

大手の安心感、小さくても地元に強い会社、営業マンの力などなど、決め手は十人十色です。

でもでもやっぱり手数料を安くしたい!

という方は、是非交渉してください。

いや、交渉すべきです。

そして、交渉を優位にするために

競合させる

ことがポイントです。

他の会社の方が値引きやクリーニングサービスなどの付加価値をつけているなら、

それを引き合いに交渉してみてください。

売りたい物件や会社、売りに出す季節などによって結果はちがってくると思いますが、

交渉する価値はあるかと思います。

わたしはこれで30万円以上節約できました。

競合してもらうために、先ずはいろんな会社に見積もってもらいましょう!

仲介手数料を値切ときにやってはいけないこと

中古住宅の売買では、営業さんとの信頼関係が大事です。

任せたいと思う営業さんにきいてみて、ダメなら「引く」ことも大事です。

ガツガツ相手がいやがるくらいやってしまうと、相手も人間です、

その後の販売活動にし支障をきたすでしょう。

そして、一番やっては行けないこと。値切ってこちらの条件を受け入れてもらいながら、契約をせずに、それを引き合いに別にの不動産会社に交渉すること。

(条件が合わない場合はともかくですが)

不動産会社同士、あるいは営業さん同士、繋がりがあったりするものです。

そして、その営業さんたちがあなたのお家を売ってくれるのです。

「契約してやる」という態度ではなく、人として対等に、相手を尊重しながら一緒にやっていくスタンスで活動することをおすすめします。

そして、そのスタンスはお断りする不動産会社に対しても然りです。絶対に!

なぜなら、その会社が買主さまをつれてきてくれるかもしれないから。

お断りした不動産会社にも「買う側」として協力したい!と思っていただくことも、とても大事です。

以上、もしよかったら、お星様おしてください!

ブックマークやツイートしてもらえると、飛んで喜びます♡

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント